当たらないと思わないために知ってほしいこと

- 当たらないと思わないために知ってほしいこと

当たらないと思わないために知ってほしいこと

当たる当たらないという観点だけで、占いを判断するのはあまりよろしくないことです。
よくこの先生は当たらないと判断する方もいますが、本来の占いの使い方ではありません。
この「当たらない」という負の感情を理解することが初心者の方には大切です。

当たる確率

いろんな占術があり、歴史があるものから形が見えない霊的な力で行う占術など様々あります。
すべての人が当たるのであれば、不幸な人は世の中には居ないでしょう。
そのようなことを踏まえておくと、占いというものの根本を知ることができます。
当たるのではなく、当たるように自分がこれから行動を起こすというのが、本来の占術の使い方です。


アドバイスとして受け取るという器量

これからの未来や、決断をするために助言を貰えるでしょう。
それらをアドバイスとして受け取ることができるという人は、占術を都合よく使うことができ、そして運勢も良い方向に向いていきます。
逆に盲目的に「先生がそう言っていたからそうなるだろう」という方は、残念ながらうまい使い方ができないでしょう。
アドバイスとして受け取り、自分がこれから何をするのかが大切です。
鑑定結果を信じてしまうだけで、運勢というものは動かないことを知っておきましょう。
お金を払ってまで受けたのに、努力が必要なんて割に合わないという方もいるでしょう。
しかしアドバイスをもらったという捉え方ができれば、良い買い物をしたことにもなります。
そして忘れてはいけないことは、多くの先生は人生経験が豊かな点です。
その方からアドバイスを貰えるということは大きな価値があるでしょう。